2009年04月05日

横浜・グリンは悔しい5失点「ひどい内容」

(セ・リーグ、中日6−0横浜、2回戦、中日1勝、4日、ナゴヤドーム)オープン戦は4試合で防御率1・59と抜群の安定感だった横浜のグリンが、四回までに2本塁打などで5失点。「ひどい内容。勝てる試合をつくれなくて残念」と小さな声を絞り出した。

 一回は三者凡退だったが、二回一死から和田に四球、続く野本に先制2ランを浴びた。「自分ではストライクと思った球もあった。走者が出て併殺を狙って力んで失投になった」と振り返った。右腕は「移籍して最初の公式戦で、チームに認められたいという気持ちだったのに」と悔しそうに話した。


大矢監督(2試合続けて貧打)

「打線に工夫が必要だ。打順の組み替えも含めコーチと相談する」
http://www.sanspo.com/baseball/news/090404/bse0904042240001-n1.htm
************************************************************
今更打順の組み換えを検討なんて遅すぎるだろといいたい。一体キャンプで何をしていたのやら。
posted by yokohama2008 at 22:31| 横浜ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。