2008年10月03日

村田8試合ぶり42号!ラミに並んだ…横浜

◆横浜4−6中日=延長10回=(2日・横浜) 高々と舞い上がった打球は、右翼ポール際へと吸い込まれた。初回1死一塁から飛び出した村田の8試合ぶりのアーチは、リーグトップの巨人・ラミレスに並ぶ42号2ラン。「トップタイ? 気にしてません」と13連敗に厳しい口調だったが、中田の外角への直球を逆方向へはじき返す村田らしい一発だった。

 北京五輪日本代表に選ばれたため公式戦12試合に欠場したが、その“ハンデ”を全く感じさせない。以前は「オリンピックがなかったら、40発は狙えた」と話していたが、不完全燃焼に終わった北京の悔しさをぶつけるかのようにアーチを量産している。打率3割2分5厘、42本、102打点と自己最高の数字をマーク。セ・リーグの日本人打者で2年続けて本塁打王獲得なら、90、91年の中日・落合以来。連続キングへラストスパートだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081003-00000037-sph-base
************************************************************
チームの成績が最悪の横浜としては、せめて個人タイトルくらいは獲得して欲しいですね。


横浜市ホテル宿泊施設情報
http://yokohama.husuma.com/
posted by yokohama2008 at 10:25| 横浜ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。