2008年09月28日

横浜M・狩野弾で大分に14戦ぶり黒星

「J1・第27節、横浜M1-0大分」(27日、日産ス)
 横浜MがFW狩野健太の今季初ゴールで大分を1-0で退け、大分に14試合ぶりの黒星をつけた。大分は勝ち点48のままで名古屋と得失点差でも並んだが総得点で下回り、暫定2位に後退した。川崎は5-2で柏に快勝し、勝ち点45で暫定4位となった。千葉は京都に1-0で勝って4連勝。神戸は大宮を2-0で破り、7試合ぶりの勝利を挙げた。3位の浦和は、28日に名古屋と対戦する。
  ◇  ◇
 横浜Mの新司令塔が、暫定ながら首位に立っていた大分を引きずり降ろした。後半14分、約20メートルのFK。MF狩野が右足を振ると、ボールは壁7枚を巻いてゴール右隅に突き刺さった。
 13日の神戸戦以来、セットプレーから4試合連続で得点し、右足首痛のMF山瀬功の穴を埋める。所属事務所の先輩、セルティックMF中村俊のセットプレーでの駆け引きをビデオで研究するイケメンは「コースを突けば入ると思った」と顔をほころばせた。
 高校No.1司令塔として、05年に静岡学園から入団。だが厚い選手層と負傷に泣き、4年目の今季も2月に右ひざじん帯を損傷、3月には左足第5中足骨を骨折した男が存在感を見せつけた。
 DF中沢も「上位を狙えるチームになってきた」と手応えを強調する。名門復活へ横浜Mが波に乗った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080928-00000018-dal-socc
************************************************************
一時はJ2陥落もありそうな感じでしたが、負けない大分に勝ったところを見るともう大丈夫そうですね。


横浜市ホテル宿泊施設情報
http://yokohama.husuma.com/
posted by yokohama2008 at 15:24| 横浜F・マリノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。